自己破産 車 名義変更

自己破産前に車の名義変更をしてもOKですか?ローン中では?|自己破産ナビQ!

自己破産直前の、車の名義変更は、財産隠しになる可能性がある

自己破産直前に車の名義変更(破産者の名義から妻名義へ、旦那名義へ、親名義へ、家族名義へ、他人名義へ)をすると、財産隠しを疑われる可能性があります。

 

自己破産をすると、破産者名義の財産は、基本的にすべてなくなります。ただ、家族名義の財産であれば、そのまま残すことができます。
そうだとすると、車を家族名義にしておいたら、自己破産しても車を失わずに済むのでしょうか?
これについては、「正当な対価」をもって売却したかどうかによって、異なります。
実際にきちんと時価に見合った価格の支払いを受けて、車を売却した場合には、特に問題は起こりません。ただし、支払いを受けたお金については、自己破産時に債権者に配当される可能性があります。
これに対し、車を贈与した場合や不当に低い金額で売却してしまった場合には、それが財産隠しとみなされる可能性があります。財産隠しになってしまったら、破産管財人が贈与や売却の効果を否認してしまいますし、回収された車は破産管財人によって売却されて、債権者に配当されてしまいます。
また、財産隠しをすると、免責不許可事由に該当するので、借金の免除を受けられなくなる可能性もあるので、絶対にしてはいけません。

車ローン返済中の場合に名義変更すると、偏頗弁済になる可能性がある

車のローン返済中の場合には、また違った問題があります。
ローンを返済している場合、「所有権留保」がついているので、車の名義がローン会社になっていることが多いです。その場合、自分や他人に名義変更をしようとすると、ローンを完済しなければなりません。
自己破産前に、車のローンだけを一括払いしてしまうと「偏頗弁済(へんぱべんさい)」になってしまいます。偏頗弁済とは、一部の債権者だけを特別扱いして、支払をしたり担保設定をしたりすることです。自己破産では、すべての債権者を平等に扱わないといけない、という「債権者平等の原則」があるため、偏頗弁済は厳しく禁止されています。
偏頗弁済をした場合にも、免責不許可事由に該当するので、自己破産をしても借金の免除を受けられなくなってしまう可能性があります。

 

ただし、家族など他の人に支払ってもらった場合には、偏頗弁済にならないので、名義変更が認められます。

 

以上のように、自己破産前に車の名義変更すること自体は可能ですが、慎重に対処しなければならないポイントもあります。対応に迷われたときには、弁護士に相談すると良いでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ